ブログ   うい・らぶ・だいびんぐ   Cube 別館   flag_uk 英語サイト   ポータル
twitter Twitter でログイン
ホーム   最新ニュース   フォーラム   ダウンロード   写真集   リンク集   お問い合わせ RSS

SmartSection > Linux > UNIX time と うるう秒

UNIX time と うるう秒

投稿者: Ken 掲載日: 2009-1-6 (8458 回閲覧)
今年(2009年) うるう秒 が挿入されたので、ちょっと調べてみた。

○ 国際原子時:TAI (International Atomic Time)
現在、時間は原子時計によって刻まれおり、1秒の絶対時間は不変である。

○ 世界時:UT (Universal Time)
私たちの日常生活は、太陽と地球の運行に関係している。
自転周期を1日、公転周期を1年というが、この時間は変動する。

○ 協定世界時:UTC (Coordinated Universal Time)
1月1日0時という基準は UT として、1秒の刻みは TAI と同じとする時系。

○ うるう秒(leap second)
TAI と UTC では基準時間にズレが生じる。
このズレを調整するのが「うるう秒」である。
UTC の2008年12月31日23時59分59秒 (日本時間では2009年1月1日8時59秒)
のあとに1秒追加された。
現在 34秒のズレがある。

○ NTP (Network Time Protocol) time
1900年1月1日0時を基点とするネットワークの時間。
うるう秒を考慮しない。
うるう秒挿入時は、2秒で1秒進むように調整される。

○ UNIX time
1970年1月1日0時を基点とするコンピュータの内部時間。
うるう秒を考慮する/しないはシステム依存。
考慮しないシステムでは、
NTP time = UNIX time + 2208988800 (70年分の秒数)

○ 手元のLinuxマシン
2009年1月1日9時0秒 の UNIX time を得る
----
$ perl -e 'use POSIX; printf("%d\n", mktime(0, 0, 9, 1, 0, 109));'
1230768000
----

考慮しないシステムのようです。

○ log
/var/log/messages に残っていますね
-----
Jan 1 08:59:59 kernel: Clock: inserting leap second 23:59:60 UTC
-----



参考
- NTP うるう秒(閏秒)

- 国際原子時・協定世界時とうるう秒

- 閏秒 - Wikipedia

ページ移動
Search 次の記事
投票者の合計: 0
平均: 0
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
スポンサー

寄付
配布しているソフトが気に入ったら、寄付をお願いします。
寄付

PageRank のページ毎の表示
http://linux.ohwada.jp/ modules/smartsection/item.php?
PageRank 0 PageRank

メインメニュー

マニュアル

ログイン