ブログ   うい・らぶ・だいびんぐ   Cube 別館   flag_uk 英語サイト   ポータル
twitter Twitter でログイン
ホーム   最新ニュース   フォーラム   ダウンロード   写真集   リンク集   お問い合わせ RSS

FAQ(よくある質問と回答)

メインページ »» XOOPSのトラブル対策

目次


質問するときには
質問するときには、下記を付記しましょう。
- PHP バージョン
- MySQL バージョン
- XOOPS バージョン
- モジュール名とバージョン

技術的な質問に不慣れな人は、こちらを読んでおきましょう。
技術系メーリングリストで質問するときのパターン・ランゲージ
真っ白になります
プログラムがエラーを起こしています。
下記の手順で原因を突き止めましょう。

(1) ログインします。
トップページが真っ白なときは、
http://***/user.php を試してみる

(2) デバックモードにします。
管理者メニュー -> システム管理 -> サイト一般設定 -> 一般設定 -> デバッグモードを有効にする -> PHPデバック

(3) 真っ白だったページに、何かエラー・メッセージが出ているはずです。

(4) その現象をモジュールの作者のサイトで質問してみましょう。
Fatal error: Allowed memory size of ... bytes exhausted
原因

お使いのサーバーのメモリ設定量が不足しています。

PHP Manual : コア php.ini ディレクティブに関する説明
memory_limit

対策1

サーバーの設定
- php.ini を変更する

対策2

XOOPS の設定
- preload を利用して変更する
preload MemoryLimit
require happy_linux module
現象
require happy_linux module
このサイトで配布している weblinks モジュールや rssc モジュールをインストールすると、
上記のエラー・メッセージが出る。

対応
このサイトで配布している happy_linux モジュールをインストールする。
ここからダウンロード


Notice [PHP]: Only variables should be assigned by reference
このメッセージは、軽い注意勧告で、重大なエラーではありません。
多くの場合、PHP 処理系が適切な判断をして、正しい処理が実行されます。
もちろん、バグに起因する可能性もあります。

(1) Notice の原因を対策する
プログラムの作者に連絡する。

または、下記を参考に自分で修正する。
http://linux.ohwada.jp/modules/smartsection/item.php?itemid=374

あるいは、これという不具合がなければ、放置する。

(2) Notice の出力を抑止する
実運用では、Notice が出力される設定になっているのは、推奨されません。
XOOPS の場合では、
管理者画面 -> システム設定 -> 一般設定 より、
「デバッグモードを有効にする」を「オフ」にする。
No input file specified
原因

お使いのサーバーが pathinfo に対応していないためです。

例えば、xrea
xrea: PATH_INFOは正しく取得できません

サーバー側での対策

サーバーによっては、pathinfo を使用できるように、設定変更できるものもあります。

-Apache HTTP サーバ

.htaccess

AcceptPathInfo On


- coreserver

.htaccess

mod_gzip_on Off


XOOPS側での対策

Webphoto モジュール

「一般設定」にて「pathinfo を使用する」を「いいえ」に変更してください。

その他のモジュール

モジュールの作者に問合せください。




文字化けする (mbstring)
原因はいろいろありますが。
一番多いのは、mbstring の設定に関するものです。

(1) php.ini を変更する
自宅サーバーなどで、サーバーの環境設定が出来る場合

mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = EUC-JP
mbstring.http_input = auto
mbstring.http_output = EUC-JP
mbstring.encoding_translation = Off
mbstring.detect_order = auto
mbstring.substitute_character = none
mbstring.func_overload = 0


(2) .htaccess を変更する
レンタル・サーバーだが、.htaccess による環境設定が出来る場合

php_value mbstring.language Japanese
php_value mbstring.internal_encoding EUC-JP
php_value mbstring.http_input auto
php_value mbstring.http_output EUC-JP
php_flag  mbstring.encoding_translation Off
php_value mbstring.detect_order auto
php_value mbstring.substitute_character none
php_value mbstring.func_overload


(3) mainfile.php を変更する
レンタル・サーバーなどで、設定変更が出来ない場合

ini_set('mbstring.internal_encoding', 'EUC-JP');
ini_set('mbstring.http_input', 'AUTO');
ini_set('mbstring.http_output', 'EUC-JP');
ini_set('mbstring.detect_order', 'auto');
ini_set('mbstring.substitute_character', 'none');

// この前に上記を追加する
if (!isset($xoopsOption['nocommon']) && XOOPS_ROOT_PATH != '') {
  include XOOPS_ROOT_PATH."/include/common.php";
}


参考
- PHPマニュアル:マルチバイト文字列関数
- XOOPS Wiki:文字化け
文字化けする (mysql)
MySQL 4.1 以降では XOOPS 2.0.16a JP は文字化けします。
原因と対策はこちら。
MySQL 4.1 にて XOOPS 2.0.16a JP を動かす
ログインできない
ノートンなどのセキュリティソフトを入れていると、ログインができないことがあります。
詳しくは下記のシマンテック社の情報をご覧ください。

アクセスカウンタや掲示板が正しく表示されない
ログインで出来なくなった
現象
いままで ログイン出来ていたのに、ある時点から ログインできなくなった。

推定原因
データベースのテーブルが壊れた可能性があります。

対策
こちらのツールを使って、データベースの状態を確認ください。
check mysql

エラーがあったら、phpMyAdmin などの管理ツールで、
壊れたテーブルに対して ’REPAIR TABLE’ を実行する。

参照
http://dev.mysql.com/doc/refman/4.1/ja/repair-table.html





投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
スポンサー

寄付
配布しているソフトが気に入ったら、寄付をお願いします。
寄付

PageRank のページ毎の表示
http://linux.ohwada.jp/ modules/xoopsfaq/index.php?
PageRank 1 PageRank

メインメニュー

マニュアル

ログイン